BLOGブログ

2019年05月09日

空中の骨盤・背骨を安定させる。特典&活かす場面

NEWS ピラティス ブログ

マットピラティスは仰向けエクササイズのイメージが強いですが、実際は

・仰向け

・うつ伏せ

・横向き

・座位

・立位

・四つん這い

いろいろあります。

 

 

仰向けとうつ伏せは、身体が床についている部分が多いので、骨盤や背骨の位置がわかりやすい。

背中全部が床についているから、身体が安定して動かせます。



 

四つん這い、座位、立位、横向きは、背骨が空中に浮いているので、意識を身体に向けないとうまくできません。

四つん這いであっても、骨盤と背骨はニュートラルポジションを保つ!



頭から尾骨まで一直線を保つ!

 

このエクササイズは足を上げ過ぎる人が多いですが、骨盤を床と平行の関係にないと捻じれます。

腹筋が伸びすぎ、腹筋に力が入らなくなり、特に腰(背中)に負担がかかります。

 

身体にいいことやっていて、身体を痛めたら、何をやってるかわかりませんよね。(笑)

私的には

「うそやん。。。。

なんでやねぇぇぇぇぇん!」

に、なります。

 

四つん這いで、よくある悪いクセもう1つ

身体を支えられなくて、肩がガクッと落ち、肩甲骨がより、肩が上がる。

↓↓↓

頭が垂れ下がる

↓↓↓

肩に負担がめっちゃかかる

↓↓↓

肩こり解消にならず!

手のひらでしっかり床を押して、背骨を床から離すと、ニュートラルポジションを保てます♡

 

 

このエクササイズのおまけ・特典

↓↓↓

二の腕のシェイプアップ

夏は振袖を減らしたいよね~♪

 

 

最後に

空中の骨盤と背骨を安定させるって、日常生活ではほとんどがこれです!

立位、座位が多いでしょ?

空中の骨盤と背骨がニュートラルポジションで安定すると、毎日が楽に動けます♡

 

それを練習するのがピラティスです!



 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠

 

♡登録大歓迎♡

ピラティス倶楽部のLINE@はここから登録できますよ~♪

友だち追加

エクササイズ動画の配信情報などをお伝えしま~す!

ID @mhu0168q

 

大人のおしゃれ手帖

2018年6月号に掲載されました。



 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM

 
ピラティス倶楽部

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5316-2153